外構工事費用50万円で考える、理想の庭づくり

新築や家のリフォームを計画していて、その中で外構工事の費用について知りたいと思う方もいるでしょう。

ただ、費用が本来どれくらいかかるのか不明で悩んでいたり、限られた予算内でどこまでの工事が可能かを事前に知りたい方もいるはずです。

この記事では、外構工事費用50万円でできることの現実をお伝えします。

外構工事にかかる費用の相場や範囲を把握し、自身の予算内で可能な範囲の工事内容を検討し、ご自身の予算に見合ったマイホーム計画を立てましょう。

目次

外構工事費用50万円でできることはかなり限られる!

50万円の外構工事予算で理想の外構・エクステリアを実現するために、どのような手順で工事を行うのが良いのか、ご紹介します。

ただその前に、施主さんであれば外構工事の相場観は知っておかなければいけません。

外構工事の平均価格は家の建築費用の1割程度と一般的に言われています。

以下の記事で紹介しているように、平均的な30坪の土地の一軒家でも、100万円~300万円程度かかります。

あわせて読みたい
30坪の外構工事の平均費用相場は? 一般的な一戸建ての家の広さである30坪の土地で外構工事を行うと、費用相場はいくらくらいなのでしょうか? ここでは、ハウスメーカーではなく、外構工事専門業者に依頼...

ですから、予算50万円でできる外構工事のメニューは本当に限られるということを知っておかなければいけません。

そうでないと、見積りに来てくれる地元の外構業者や職人さんに無理なお願いをしてしまう可能性があるからです。

相場観を知ったうえで、予算50万円というなかでできる工夫を以下の手順で見ていきましょう。

フェンスや目隠しできるクローズ外構は諦めるしかない?

外構と言っても、庭、カーポート、コンクリートブロック、フェンス、植栽、駐車場など種類がたくさんあります。

「庭とかはどうでも良いから、とにかく目隠しだけしたい!」

という方も多いので、ここではフェンスを例に出してみます。

なぜなら、一軒家を建てて住み始めたものの、実際住んでみたらお隣さんとの距離が思ったより近く、視線がどうしても気になるという方も少なくないからです。

フェンスが欲しいわたし
隣のおとうさんがいやらしい視線でチラチラ見て来るから、洗濯物を干しに庭に出るのもイヤなのよね。。。

このように、とにかく目隠しになるフェンスだけでも庭に設置したい、という需要が家を建てた後から出ることもあります。

かけられる予算が少額の50万円ということなら、家の周囲を立派な素材のブロック塀やフェンスで囲うのは現実的とはいえません。

クローズ外構を希望するならそれなりに予算がかかりますので、50万円という予算を見直す必要があります。

外構業者に依頼する場合は妥協が必要

外構業者に依頼する方法と、自分でDIY等で済ませる方法がありますが、前者であれば現実的な妥協案はお隣さんとの境界にフェンスを設置する程度でしょう。

どうしても職人さんの人件費と材料費は最低限かかりますから、予算50万円でできる外構工事というのはそれくらいになります。

フェンスや目隠しはできますが、その施工範囲は家の周り全体ではなく“一部に留まる”ということです。

ただ、外構業者が非常に安価な素材の材料を所有していたり、特別安く施工してくれたりすればこの限りではありません。

以前外構の他の部分を施工してもらった事のある業者であれば、サービスや特別価格で請け負ってくれる可能性はあるでしょう。

まずは相談してみることをおすすめします。

なお、ハウスメーカー専属の外構業者ではなく、外構工事専門業者に直接発注するというのは大前提です。

カインズ等のホームセンターでフェンスを購入して自分でDIY

また、外構業者には頼まず、お隣さんとの境界フェンスくらいなら、自分でなんとかしたいと考える方もいるでしょう。

そういう施主さんに向けて、様々な商品が販売されています。

カインズ等のホームセンターなどでは90×180cmなどのフェンスが、豊富にラインナップされています。

ただしこれらのフェンスには問題があって、フェンスを購入しただけは設置できません。

風雨に当たると倒れてしまう危険性があるので、しっかりとした土台もDIYで構築して強風時でも倒れないように設置しないといけないでしょう。

フェンスが倒壊して隣家の人や物に被害を与えてしまったら、損害賠償を支払う事になってしまうからです。

DIYの素人でも安く設置できるおすすめのフェンス

DIYの素人でも、外構業者に頼らず簡単に安くフェンスを設置できる方法として、以下の形状のプランターフェンスがおすすめです。

プランターとフェンスが一体になった商品で、簡単に組立設置ができるうえ、プランターの重みが頑丈な土台の役割を果たしてくれます。

カラーも様々なバリエーションがあり、庭や家の外壁の雰囲気に合わせることが可能です。

Amazonや楽天などのインターネット通販でもたくさん種類が見つかります。

安い費用でおしゃれな庭や外構を作るにはどうする!?

では、フェンスに限らず、50万円という費用で外構を仕上げるにはどうすれば良いのでしょうか?

予算は限られている、でもどうせ作るなら誰もがおしゃれな外構にしたいと望むことでしょう。

まず最低限やらなければいけないことは以下の内容です。

安い費用で庭を作るために最低限すること

外構工事は施工範囲が広く、施主さんが予想していた予算を超えることも少なくありません。

予算を超えてしまうと、場合によっては家の建築費用を削減したり、備品をダウングレードして外構費用を捻出しなければならなくなってしまいます。

そうならないためにも、ここでは外構工事を安くする方法を紹介します。

外構工事の費用を抑える方法は、以下のとおりです。

1.工事内容をシンプルにする

外構工事の費用は、施工する内容によって大きく異なります。そのため、不要な部分を省いたり、簡易な工法にしたりすることで、費用を抑えることができます。

具体的には、

  • 門扉や門柱を省略する
  • フェンスや塀を低くする
  • 駐車場の面積を小さくする
  • 庭に植栽を植えない

といった方法があります。

2.材料や設備を安いものにする

外構工事で使用する材料や設備によっても、費用は大きく異なります。そのため、安価な材料や設備にすることで、費用を抑えることができます。

具体的には、

  • コンクリートではなくアスファルトで舗装する
  • ブロックではなく枕木でフェンスを作る
  • 木材ではなく人工木でウッドデッキを作る

といった方法があります。

3.複数の外構業者に見積りを取り、比較検討する

同じ内容の外構工事でも、業者によって費用が大きく異なる場合があります。

そのため、複数の業者に見積りを取り、比較検討することで、より安価な業者を見つけることができます。

見積りを依頼する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 施工内容や使用する材料や設備が同じかどうかを確認する
  • 見積りの項目や金額が明記されているかどうかを確認する
  • 納期やアフターサービスについても確認する

4.自分でできる部分はDIYで行う

外構工事の中には、自分でできる部分もあります。例えば、

  • 門扉や門柱の基礎作り
  • フェンスやブロックの設置
  • 庭の雑草取りや芝刈り

といった作業は、DIYで行うことで費用を抑えることができます。

ただし、DIYで外構工事を行う場合は、安全に作業を行うために、事前に十分な知識や技術を身につけることが大切です。

腕に自信があり時間もある方は、チャレンジしてみると良いでしょう。

5.工事を依頼する時期を考慮する

外構工事は季節によって忙しさが異なり、需要が高まる繁忙期は工事価格も上がりやすいです。

繁忙期には外構業者も強気に見積りを出すことができるからです。

ですから、需要が少ない時期に外構工事を予定することで、費用を抑えることができます。

外構業界の繁忙期は、新築の引き渡しが多くなる2~4月です。これらの時期を外し、閑散期に依頼するのがポイントです。

これらの方法を組み合わせることで、外構工事の費用を大幅に抑えることができます。

6.補助金やローンがないか市区町村ページを確認する

外構工事にかかる費用を賄うために、地方自治体が提供する補助金や、住宅ローンと一緒に利用できるリフォームローンの活用も一つの方法です。

お住まいの地域の自治体のホームページで、外構工事で使える補助金などがないか探してみましょう。

これらの制度を利用することで、初期費用の負担を軽減し、理想の外構を実現することが可能になります。

上記手順を踏んだうえで、見積りに来てくれた外構業者の担当者とよく話をすることです。

  • 施工して貰う工程の中で、自分でできることはないか?
  • 材料を切り詰めて、削れる部分は他にないか?

これらの点を相談してみましょう。

予算が50万円であることを伝え、素材などはある程度妥協できることを伝えれば、さらに安い見積りを提示してくれる良心的な業者が見つかるかもしれません。

さらに、自分でできることはとにかく手間でもDIYで作ったり、安い商品を買い揃えることでしょう。

ホームセンターなどを賢く利用して、コンクリートやレンガ、照明、植栽などを見つけ、おしゃれで快適な庭を作ることも可能です。

外構業者スタッフ

本当に口コミが良い業者は、ホームページを持っていないことも多いです。なぜなら、ホームページがなくても紹介で仕事が取れるからです。口コミで評判の良い隠れた優良業者も相見積りで見つかりますよ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次