新築外構工事のタイミングはいつが理想?

新築の外構工事のタイミングはいつが良いのか?これは正解は1つではなく、施主さんのライフスタイルや予算などによっても異なります。

例えば、すぐに新築の完成と同時タイミングで外構も仕上げたい場合は、建物の基礎工事が完了する前に外構工事に着手することもあるでしょう。

また、外構工事にかけられる予算が限られている場合は、新居への入居後に外構工事を徐々に進めていくという選択肢もあります。

しかし、一般的には、建物の基礎工事が完了してから外構工事に着手することが、最もメリットが大きいと考えられます。

外構業者スタッフ

本当に口コミが良い業者は、ホームページを持っていないことも多いです。なぜなら、ホームページがなくても紹介で仕事が取れるからです。口コミで評判の良い隠れた優良業者も相見積りで見つかりますよ♪

目次

新築外構工事のタイミングについて

新築外構工事のタイミングについて、最適な開始時期を考えてみましょう。外構工事は家の建築の流れと密接に関連していて、施主さんが最も重要視することを念頭において適切なタイミングで計画することが重要です。

最適な計画の開始時期は?

新築外構工事の最適な計画の開始時期(スケジューリング)は、家の建築が始まった頃です。この時期に外構の計画を始めると、施工までの期間を十分に確保でき、デザインや機能性をじっくりと考えることができます。

また、家の間取りや位置が決まると、外構のデザインや配置についても具体的なイメージがしやすくなるでしょう。

まだ家の間取りなども決まっていない段階で外構のことを考えても、住みやすい外構や、納得のいくものはできない可能性が高いと言えます。

施工開始のタイミングは?

外構工事の施工を開始するには、家の建築工程を考慮することが不可欠です。基礎工事が完了した後が、外構工事を始めるベストなタイミングとされています。

この時期に計画を進めることで、建築と外構の作業がスムーズに進行し、効率的な工程管理が可能になります。

ただ、外構工事をハウスメーカーと分けて別業者に発注する場合、そうはいきません。

ハウスメーカー(工務店)と外構業者が現場でバッティングする事になってしまいますから、外構工事を分離発注する場合は、基本的には家が完成してから外構工事に着手することになります。

ただ最近では、ハウスメーカー(工務店)に中間手数料を抜かれることを考慮して、外構専門業者に依頼する施主さんが増えています。

外構工事の相見積りを取るべきタイミング

そういう観点でも、外構工事の相見積りを取るべきタイミングは重要になります。

外構工事の施工に着手するのは家の建築が完成してからでも問題ありませんが、見積りを取得するのはその前段階でも可能です。

ハウスメーカーや工務店から家の間取り図が出てきた段階で、それを外構業者にも見せて家の将来像を共有することができますからね。

ハウスメーカーと外構業者のバッティングを避けたいのであれば、施工に着手するのは家が完成してからに調整して貰えば良いでしょう。

施工タイミングにおける季節の影響

外構工事のタイミングは、季節によっても影響を受けます。特に、雨の少ない季節に工事を行うことが望ましいです。雨季を避けることで、工事の遅延を防ぎ、品質の高い仕上がりを期待できます。

また、植栽を含む外構工事の場合、植物の成長に適した季節を選ぶことも重要でしょう。冬に植えるのは避けた方が良いシンボルツリーなどは、季節を考慮する必要があります。

外構工事での予算とのバランス

外構工事のタイミングは、予算計画と密接に関連しています。早めに計画を立てることで、コストの見積りや予算配分を適切に行うことができます

早めに相見積りを取って外構工事にかかる費用目安が分かっているのであれば、もしかしたら当初の予定より外構工事の費用が浮くかもしれません。

そうなれば、家具やインテリアなどに予算を多めに割くこともできるでしょう。

また、工事のスケジュールを事前に確定させることで、予期せぬコスト増加を防ぐことが可能になります。

新築外構工事のタイミングまとめ

新築外構工事のスタート時期を決める際には、このように複数の要因を考慮する必要があります。

家の建築の進行状況、季節、予算、そしてデザインの要望など、これらの要素をバランス良く考慮し、最適なスタート時期を見極めましょう。

外構業者スタッフ

本当に口コミが良い業者は、ホームページを持っていないことも多いです。なぜなら、ホームページがなくても紹介で仕事が取れるからです。口コミで評判の良い隠れた優良業者も相見積りで見つかりますよ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次