外構工事フェンスだけなら費用は?安い業者の探し方は?

外構工事の追加リフォームでフェンスを設置しようと考えている施主さんは、その費用や種類の選び方、安い業者の探し方について悩んでいませんか?

この記事では、外構工事でのフェンス設置の基本から費用相場、適切な業者の選び方まで、詳しく解説しています。

フェンスを作ってしまう前に読むことで、あなたの家に最適なフェンスをコストを抑えながら設置することができるようになるでしょう。

目次

外構工事でのフェンス設置の基本

外構工事でのフェンス設置の基本について解説します。フェンスは近隣からのプライバシーの保護やセキュリティの向上、さらには家の外観の美化にも寄与します。

フェンス設置の基本知識

フェンス設置は、外構工事の中でも比較的簡単な部類に入ります。フェンスの種類には木製、金属製、コンクリート製などがあり、それぞれに特徴があります。

簡単がゆえにどの外構業者・エクステリア業者に依頼しても設置はしてくれますが、扱っているフェンスの種類などは業者によって違うでしょうし、家のデザインとの調和などもデザインセンスが問われます。

フェンスを設置する際には、敷地の境界線を正確に把握し、隣接する土地とのトラブルを避けるためにも、事前の確認が必要です。

フェンス設置工事のプロセス

フェンス設置工事のプロセスは、まず計画段階から始まります。敷地の測量を行い、フェンスの種類とデザインを選定します。 その後、必要な材料を調達し、実際の設置作業に移ります。

設置作業は、地面の状態やフェンスの種類によって異なりますが、専門の業者に依頼することでスムーズに進行します。

フェンス設置の費用と相場

お隣から丸見えのテラススペースを目隠し 画像引用:株式会社六光園

フェンス設置の費用と相場について詳しく見ていきましょう。費用はフェンスの種類や長さ、設置条件によって大きく異なります。

フェンス設置の費用相場

フェンス設置の費用相場は、工事費込みで1メートルあたり約15,000円から約35,000円程度とされています。しかし、フェンスの材質やデザイン、設置する地域や地面の状態によって費用は変動します。

例えば、10メートルのフェンス設置であれば、150,000円から350,000円程度が目安となります。

この費用目安を聞いて、想定していたよりも高いと感じる施主さんも少なくありませんが、費用は業者の相見積りなどによって下げることは可能だと言えます。

費用を決定する要因

フェンス設置の費用に影響を与える要因には、フェンスの材質、高さ、デザインの複雑さ、設置地の地形や土質があります。

また、もしも古いフェンスを撤去して新しい種類のフェンスに作り替えるという場合は、既存のフェンスの撤去や廃材処理の費用も考慮する必要があります。

これらの要因を踏まえた上で、複数の業者から見積りを取ることが重要です。

外構業者スタッフ

本当に口コミが良い業者は、ホームページを持っていないことも多いです。なぜなら、ホームページがなくても紹介で仕事が取れるからです。口コミで評判の良い隠れた優良業者も相見積りで見つかりますよ♪

外構工事でのフェンスの種類と選び方

フェンスの種類と選び方について詳しく解説します。フェンスは外構の重要な要素であり、選び方によって家の印象が大きく変わります。

人気のフェンス種類

人気のフェンス種類には、木製フェンス、アルミ製フェンス、鉄製フェンスなどがあります。

  • アルミフェンス

アルミフェンスは、耐久性とメンテナンス性に優れたフェンスです。軽量で施工も簡単なため、コストパフォーマンスにも優れています。また、デザインやカラーバリエーションも豊富で、さまざまなスタイルの外構にマッチします。

  • 木製フェンス

木製フェンスは、温かみのある風合いが魅力のフェンスです。自然素材のぬくもりを活かしたナチュラルな外構におすすめです。また、デザインも豊富で、さまざまなスタイルに組み合わせることができます。

  • 樹脂フェンス

樹脂フェンスは、耐久性とメンテナンス性に優れたフェンスです。アルミフェンスと同様に、軽量で施工も簡単です。また、木目調や塗り壁調など、さまざまなデザインのフェンスが販売されています。

  • メッシュフェンス

メッシュフェンスは、目隠し効果が抜群のフェンスです。敷地の境界をしっかり区切りたい場合におすすめです。また、費用が比較的安価な点も魅力です。

外構工事でのフェンスの施工事例

 

アルミ形材メッシュフェンスを使用した敷地外周フェンスです。

プライバシーを適度に守りながら、風も光も通してくれるLIXILのフェンスABです。

完全に目隠ししてしまいたいのか、それとも目隠しは適度に、風通しもキープしたいのか。このあたりは施主さんの要望が第一に、フェンスの種類を選ぶことになるでしょう。

隣の家の住人と目線がぶつかりそうな部分のみ目隠しフェンスを設置しています。「高さはあるけど圧迫感を最小でおさえてほしい」と施主さんの依頼を、担当した業者さんが見事に実現しています。

フェンス選びのポイント

フェンス選びのポイントとしては、まず家の外観との調和を考えることが重要です。また、プライバシー保護や防犯の観点から、高さや透け感も考慮する必要があります。

「お隣さんからの視線を遮るために高さは120cmでよいと思って設置してみたら、意外と低くて何の意味がなかった…」という失敗も結構あります。

さらに、設置したあとのメンテナンスの容易さや耐候性も選定基準として重要でしょう。

フェンスを設置する費用をおさえたい!外構業者の探し方

安い外構業者の探し方について解説します。

フェンスを設置しようと思って適当な業者から見積りを取ってみたら、かなり高額な金額提示をされてしまい、ビックリしたり、高額過ぎて諦めたりしまう施主さんもいるくらいです。

適切な発注の仕方を知ってコストを抑えつつ、質の高いサービスを提供する業者を見つけることが重要です。

コストを抑える業者の探し方

コストを抑える外構業者を探すには、まずインターネットでの情報収集が有効です。複数の業者に見積りを依頼し、比較検討することが重要です。

また、口コミや評判も参考にし、実際に施工した事例を確認すると良いでしょう。

良い業者の見分け方

良い業者を見分けるポイントとしては、透明性の高い見積もり、過去の施工実績、顧客からの評価が挙げられます。また、提案力やアフターサービスの充実度も重要な判断基準です。

信頼できる業者は、顧客のニーズを理解し、適切な提案を行います。

以下のタウンライフリフォームでは、選別された優良な外構業者だけから無料で提案を貰えます。フェンスを設置するための提案を出して貰い、比較してみましょう。

外構業者スタッフ

本当に口コミが良い業者は、ホームページを持っていないことも多いです。なぜなら、ホームページがなくても紹介で仕事が取れるからです。口コミで評判の良い隠れた優良業者も相見積りで見つかりますよ♪

フェンス設置のための予算計画

フェンス設置のための予算計画について解説します。予算計画を立てることで、無駄な出費を防ぎ、効率的な工事を行うことができます。

予算計画の立て方

効果的な予算計画を立てるためには、まずフェンス設置に必要な総費用を把握することが重要です。費用には、フェンスの材料費、工事費、必要に応じて撤去費用や廃材処理費も含まれます。

これらを総合して、予算内で収まるように計画を立てます。

予算内での最適なフェンス選び

予算内で最適なフェンスを選ぶためには、コストパフォーマンスを考慮する必要があります。耐久性とメンテナンスの容易さを考慮し、長期的なコストを見積もることが大切です。

また、必要以上に高価な材料を選ばず、機能性とデザインをバランス良く考慮することが重要です。

フェンス設置時の注意点

フェンス設置時の注意点について解説します。適切な計画と注意を払うことで、トラブルを避け、スムーズな工事を実現できます。

フェンス設置の際の注意事項

フェンス設置時には、まず敷地の境界線を正確に把握することが重要です。また、地域の条例や規制を確認し、違反しないように注意が必要です。

さらに、フェンスの高さやデザインが近隣とのトラブルにならないよう、必要であれば事前に隣家の方とコミュニケーションを取ることも大切です。

トラブル回避のためのアドバイス

トラブルを回避するためには、事前の計画と準備が不可欠です。業者とのコミュニケーションを密にし、工事の進行状況を定期的に確認します。

また、工事中の安全管理にも注意し、不測の事態に備えることが重要です。

まとめ

外構工事でのフェンス設置に関するこの記事では、フェンスの基本知識、費用相場、種類と選び方、安い業者の探し方、予算計画、設置時の注意点を網羅しました。

フェンス設置の費用は、材質やデザイン、設置条件によって異なり、一般的には工事費込みで1メートルあたり約15,000円から35,000円程度です。

適切な業者選びと予算計画により、コストを抑えつつ、家のセキュリティと美観を高めるフェンスを選ぶことができます。

外構業者スタッフ

本当に口コミが良い業者は、ホームページを持っていないことも多いです。なぜなら、ホームページがなくても紹介で仕事が取れるからです。口コミで評判の良い隠れた優良業者も相見積りで見つかりますよ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次