新築の外構工事は分離発注しないと大損します。

新築の家を建てる際、外構工事をどのように進めるか、迷っていませんか?

多くの施主さんが新築を建ててもらったハウスメーカーに一括して依頼することを選びますが、実は外構工事を分離発注することに大きなメリットがあります。

この記事では、新築外構工事を分離発注することの利点、コスト削減の方法、専門業者の選び方、そして最新のデザイントレンドについて詳しく解説しています。

分離発注によって、より個性的でコストパフォーマンスの高い外構を実現できる可能性があります。理想の外構を計画するためにお役立てください。

目次

新築外構工事の基本と流れ

新築外構工事の基本と流れについて解説します。新築の家を建てる際、外構工事は家の顔となる重要な部分です。この工事には、玄関アプローチ、門まわり、駐車スペースなどが含まれます。

新築外構工事の概要

新築外構工事は、家の建築と同時に計画されることが多いですが、家の完成後に行うこともあります。

ハウスメーカーに外構工事を一括する場合のメリットは以下の通りです。

  • 家の建築費用に含められるのでローンを利用できる
  • 依頼先が1社で済み手間が省ける

ハウスメーカーではなく、外構業者に分離発注するメリットは以下の通りです。

  • 工事費用を圧倒的に削減できる
  • デザイン力や提案力のある業者を好きに選べる

ハウスメーカーに家と一緒にそのまま任せるのか、あるいは外構工事だけを分離発注するのかは施主さんによって分かれるところでしょう。

分離発注できることをまだ知らない施主が圧倒的に多いですが、分離発注できることを知った施主さんは、費用面をはじめとした数多くのメリットから、そちらを選ぶ傾向が高いと言えます。

外構工事の流れ

外構工事の流れは、デザインの計画から始まります。施主さんの要望を反映させたデザインを作成し、それに基づいて施工が行われます。

複数の業者のデザイン・提案を比較して、最も気に入った提案を選び、依頼する外構業者を選定します。

工事は、地盤の整備から始まり、門やフェンスの設置、植栽の配置などが行われます。工事の期間はプロジェクトの規模によって異なりますが、数週間から数ヶ月かかることが一般的です。

外構業者スタッフ

本当に口コミが良い業者は、ホームページを持っていないことも多いです。なぜなら、ホームページがなくても紹介で仕事が取れるからです。口コミで評判の良い隠れた優良業者も相見積りで見つかりますよ♪

外構工事の分離発注のメリット

先ほども少し触れましたが、外構工事を分離発注することにはいくつかのメリットがあります。

これらのメリットを理解することで、より効果的な外構工事の計画が可能になります。

分離発注の利点

分離発注の最大の利点は、コストの削減とデザインの自由度の向上です。 ハウスメーカーに一括して依頼する場合、中間マージンが発生することは避けられません。

新築を建てて貰ったり、リフォーム建築をして貰ったりしたハウスメーカー・工務店に、外構工事やエクステリア工事もそのまま丸っと依頼する施主さんは少なくありません。

しかしこの場合、施主さんは本来支払うべき工事費用の3~5割増しで支払うことになります。

なぜなら、施主さんから工事を依頼されたハウスメーカーや工務店が外構工事・エクステリア工事を直接請け負うことはほぼないからです。

ほとんどのケースで、上図のように下請けや孫請けの施工会社に外構工事は丸投げされます。

丸投げする各過程では中間手数料が発生し、そのぶんがそのまま施主さんへの工事費用に乗っかってくるのです…。

ですから、外構工事・エクステリア工事は外構業者に直接発注するのが理想です。

この実態に気づいている施主さんも増えてきたため、中間手数料を下げるハウスメーカーも増えてきてはいますが、まだまだ多くの施主さんが損をしているのが実態でしょう。

相見積りは必須です!

ホームページに掲載されている素敵なお庭の施工実績を見て、「この会社いいな。ここにお願いしよう!」と1社だけ決め打ちで見積りをとるのはあまりおすすめできません。

1社だけの見積りだと、適正価格かどうかの判断ができないからです。外構工事では数十万円~数百万円単位で見積りが違うことはよくあります。

良いなと思えた外構業者を含めて、必ず複数社から相見積りをとるようにしましょう。

急がば回れですよ

施主さんから直接外構専門業者に依頼することで、この中間手数料を大幅に削減できます。

また、専門業者に依頼することで、より専門的な知識と技術を活用し、個性的なエクステリアデザインを実現できます。

中間手数料削減により材料や施工内容の選択肢が増える

分離発注によるコスト削減は、特に予算に限りがある場合に大きなメリットとなります。予算が50万円や100万円でも大幅な外構工事が可能になる場合もあるでしょう。

ハウスメーカーや管理会社に余計な中間手数料を支払う必要のない専門業者は、材料の選定や施工方法において、コストパフォーマンスの高い選択肢を提案できるからです。

また、施主さんの個別の要望に応じたカスタマイズが可能になり、より満足度の高い外構を実現できます。

外構工事の費用と予算設定

外構工事の費用と予算の設定は、新築外構工事を計画する上で非常に重要です。適切な予算設定により、無駄な出費を避け、効率的な工事を行うことができます。

費用相場

新築外構工事の費用は、工事の規模やデザイン、使用する材料によって大きく異なります。一般的には、建物の価格の約5%から15%が外構工事の費用として目安になります。

例えば、建物が2000万円の場合、外構工事には100万円から300万円程度を見積もると良いでしょう。

予算計画

予算を超えないためには、事前の計画が重要です。予算に合わせて必要な工事を選定し、無駄な出費を避けることが大切です。

外構業者によって見積りには大幅な差が出るので必ず相見積りを取りましょう。

複数の業者から見積もりを取り比較検討することは業者間の競争にもつながり、施主さんにとっては最適な価格での工事が可能になる結果にもつながります。

外構専門業者の選び方

外構専門業者の選び方は、外構工事の成功に大きく影響します。適切な業者を選ぶことで、高品質な外構を実現できます。

選定基準

外構専門業者を選ぶ際には、その実績や評判を確認することが重要です。業者の過去のプロジェクトやgoogle口コミを参考にし、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

提案力やデザインのセンスも選定基準として考慮すると良いでしょう。

業者の役割と重要性

外構専門業者は、デザインの提案から施工、アフターケアまで一貫して行います。業者の技術力や経験は、外構の品質を左右するため、選定には慎重になるべきです。 また、良い業者は施主の要望を丁寧に聞き、それに応じた提案を行います。

外構工事の耐用年数に関しても知識を入れておきましょう。

あわせて読みたい
外構工事の耐用年数は? 外構工事を行う際、その耐用年数について考えている施主さんは少数派でしょう。 家の顔とも言える外構は、私たちの暮らしに欠かせない要素です。しかし、多くの方が外構...

新築外構工事のデザインとトレンド

新築外構工事におけるデザインとトレンドを把握することで、より現代的で魅力的な外構を計画できます。

担当してくれるエクステリアプランナーのデザインセンスや経験の差、最新のトレンドを把握しているかどうかによって外構の仕上がりは異なってくるでしょう。

相見積りをした段階でデザインや提案をしっかりと比較検討し、最適な1社を選ぶことが重要だと言えます。

デザインアイデア

新築外構のデザインは、家の外観との調和を考慮して選ぶことが重要です。モダン、ナチュラル、和風など、様々なスタイルがあり、それぞれに特徴があります。

例えば、モダンスタイルではシンプルで洗練されたデザインが特徴です。

最新トレンド

外構デザインの最新トレンドには、エコフレンドリーな素材の使用や、スマートホームとの連携などがあります。環境に優しい素材を使用することで、持続可能な外構を実現できます。

また、スマートホーム技術を取り入れることで、より快適で機能的な外構になります。

スマートホームとは、家電や管理システムをIT技術で高度に操作・管理する住まいです。スマートホームでは、家電の一括管理や自動化、外出時のカメラ操作、節電や防犯などの利便性向上、サービスの向上などのメリットが期待できます。

外構工事のタイミングとスケジューリング

では、外構工事はどのようなタイミングで依頼するのが良いのでしょうか?

新築を建ててすぐが良いのかもしれませんが、少し時期を考慮することで費用を抑えることが可能になることもあります。

外構工事のタイミングとスケジューリングは、工事の効率性と品質に影響を与えます。適切なタイミングで工事を行うことが重要です。

最適なタイミング

外構工事の最適なタイミングは、分離発注が前提だとするなら、建物の建築工事が一段落した後です。建物の工事と外構工事を同時に行うと、工事の効率が低下する可能性があるからです。

また、費用面を考慮するなら、外構業界の繁忙期を避け、閑散期に依頼することもポイントです。

繁忙期に依頼してしまうと外構業者から思わぬ高値で見積もられる事も多いので、安く工事を行いたいのであれば、2~4月の繁忙期は避けましょう。

スケジュール計画

外構工事のスケジュール計画は、工事の内容や規模に応じて行う必要があります。工事の期間や順序を事前に計画し、スムーズな工事進行を目指すことが大切です。

また、天候や季節の影響により、工期が伸びることも予め考慮する必要があります。

まとめ|新築外構工事の分離発注で理想を実現

新築外構工事を分離発注することは、コスト削減とデザインの自由度を高める大きなチャンスです。

この記事では、専門業者への分離発注のメリット、適切な予算設定、専門業者の選び方、最新トレンドのデザインまでを詳しく解説しました。

これらの情報を活用することで、あなたの新築外構工事はより効果的で満足度の高いものになるでしょう。

外構業者スタッフ

本当に口コミが良い業者は、ホームページを持っていないことも多いです。なぜなら、ホームページがなくても紹介で仕事が取れるからです。口コミで評判の良い隠れた優良業者も相見積りで見つかりますよ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次