新築外構工事の費用目安と見積りを安くする方法

【PR】

新築の家を建てるとき、「外構工事の費用ってどれくらいかかるの?」「どうやったら予算内で理想の外観を実現できるの?」こんな疑問や悩みを持っている施主さんも多いと思います。

この記事では、新築の外構工事でザックリどれくらいの費用がかかるのかを知って頂いたうえで、費用を下げる方法もご紹介します。

新築の外構工事にかかる費用は、計画の内容や選ぶ素材、デザインによって大きく変わります。予算を賢く使って、家全体の印象を左右する外構を素敵に仕上げる秘訣を、今すぐチェックして下さい。

【PR】タウンライフリフォーム 新築外構特集

タウンライフリフォームを利用すれば、複数の外構業者から見積りやデザインプランを一度に入手できます。

  1. 厳選された業者
    独自の審査基準を満たし、厳しい審査を通過した信頼できる優良業者600社のみを登録しています。お客様から評判の悪い業者は登録解除されています。
  2. 費用の削減
    一括見積りにより、外構の費用を抑えることが可能です。また、ハウスメーカーを介さず直接外構業者から見積りをもらうことにより、無駄な出費を避けることができます。
  3. デザインの比較
    複数の提案を比較することで、価格だけでなくデザインも見比べることができます。
  4. 手軽さ
    外構業者を一つ一つ探す必要がなく、オンラインで複数の業者を比較できるため、時間の節約にもつながります。
目次

新築外構工事の費用目安

新築の家を建てる際、外構工事は家の美観と機能性を大きく左右します。

しかし、多くの方が外構工事の費用についての正確な情報を持たず、どれくらいの予算を見積もれば良いのか、また、その費用をどうすれば低く抑えることができるのかを知りません。

知識がないとハウスメーカーの言いなりになってしまいますし、しれっと家の建築費用の見積書の中に“外構工事費用一式”と書かれても気づかないこともあるでしょう。

また外構工事は、ハウスメーカーとは別に外構工事業者に分離発注できることも知って下さい。

ほとんどのケースで、ハウスメーカーではなく専門業者に依頼した方が費用は安くなります。

25坪の新築戸建ての外構工事費用相場は100~300万円

新築外構工事の費用は敷地面積やデザインの内容で大幅に変わるのは当たり前です。

ですから平均費用を出すことは難しいのですが、ここでは一般的な25~30坪ほどの戸建て住宅でのケースを想定してみます。

一般的な「フェンス」「アプローチ」「門柱まわり」「駐車場」「シンボルツリー」をハウスメーカーが施工した場合、一般的に新築戸建ての外構工事には100万円~300万円が必要です。

費用を左右する要因

外構工事の費用に影響を与える主な要因には、土地の広さ、形状、使用する材料の種類、デザインの複雑性、必要な機能の追加などがあります。これらの要因を把握し、どの要素にいくらかけるかを事前に計画することが重要です。

オープン外構かクローズ外構かでも全く費用は異なってきます。

敷地が広くてもフェンスも最小限で良いのであれば、そこまで費用はかかりません。

駐車場もアスファルトにするのか砂利にするのかでも、見積もりは違ってくるでしょう。

結局は見積もってみないと分からないという事になります。

200万円でできる外構工事の範囲は?

たとえば外構工事にかけられる予算が200万円の場合、どのような外構工事が可能か、またその範囲を具体的に理解することは、予算内で最大限の満足度を得るために役立つでしょう。

200万円で可能な工事の例として、基本的な庭造り、シンプルなフェンスの設置、小さなテラスやカーポートの建設などが挙げられます。

200万円の予算があれば、だいたい施主さんの希望通りのものができると考えると良いですね。

しかし、あまり外構に予算をかけたくないという施主さんも少なくないはずで、そのような時は以下で紹介する方法で予算を削減しましょう。

ハウスメーカーに外構工事を依頼すると、どうしても下請けへの中間手数料が含まれているので、正規の工事価格より上乗せされてしまうのです。

新築の外構工事費用を安くする方法

新築だと家の建築費以外にも、キッチンや家具など、買い揃えないといけないものも多く、出品がかさみます。

ですから、外構工事の費用はできるだけ安く抑えたいものです。

外構工事は施工範囲が広く、施主さんが予想していた予算を超えることも少なくありません。

予算を超えてしまうと、場合によっては家の建築費用を削減したり、備品をダウングレードして外構費用を捻出しなければならなくなってしまいます。

そうならないためにも、ここでは外構工事を安くする方法を紹介します。

外構工事の費用を抑える方法は、以下のとおりです。

1.工事内容をシンプルにする

外構工事の費用は、施工する内容によって大きく異なります。そのため、不要な部分を省いたり、簡易な工法にしたりすることで、費用を抑えることができます。

具体的には、

  • 門扉や門柱を省略する
  • フェンスや塀を低くする
  • 駐車場の面積を小さくする
  • 庭に植栽を植えない

といった方法があります。

2.材料や設備を安いものにする

外構工事で使用する材料や設備によっても、費用は大きく異なります。そのため、安価な材料や設備にすることで、費用を抑えることができます。

具体的には、

  • コンクリートではなくアスファルトで舗装する
  • ブロックではなく枕木でフェンスを作る
  • 木材ではなく人工木でウッドデッキを作る

といった方法があります。

3.複数の外構業者に見積りを取り、比較検討する

同じ内容の外構工事でも、業者によって費用が大きく異なる場合があります。

そのため、複数の業者に見積りを取り、比較検討することで、より安価な業者を見つけることができます。

見積りを依頼する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 施工内容や使用する材料や設備が同じかどうかを確認する
  • 見積りの項目や金額が明記されているかどうかを確認する
  • 納期やアフターサービスについても確認する

4.自分でできる部分はDIYで行う

外構工事の中には、自分でできる部分もあります。例えば、

  • 門扉や門柱の基礎作り
  • フェンスやブロックの設置
  • 庭の雑草取りや芝刈り

といった作業は、DIYで行うことで費用を抑えることができます。

ただし、DIYで外構工事を行う場合は、安全に作業を行うために、事前に十分な知識や技術を身につけることが大切です。

腕に自信があり時間もある方は、チャレンジしてみると良いでしょう。

5.工事を依頼する時期を考慮する

外構工事は季節によって忙しさが異なり、需要が高まる繁忙期は工事価格も上がりやすいです。

繁忙期には外構業者も強気に見積りを出すことができるからです。

ですから、需要が少ない時期に外構工事を予定することで、費用を抑えることができます。

外構業界の繁忙期は、新築の引き渡しが多くなる2~4月です。これらの時期を外し、閑散期に依頼するのがポイントです。

これらの方法を組み合わせることで、外構工事の費用を大幅に抑えることができます。

6.補助金やローンがないか市区町村ページを確認する

外構工事にかかる費用を賄うために、地方自治体が提供する補助金や、住宅ローンと一緒に利用できるリフォームローンの活用も一つの方法です。

お住まいの地域の自治体のホームページで、外構工事で使える補助金などがないか探してみましょう。

これらの制度を利用することで、初期費用の負担を軽減し、理想の外構を実現することが可能になります。

新築外構工事の費用支払いタイミング

外構工事の支払いは、工事の進行状況に応じて分割されることが多いですが、具体的な支払いスケジュールやタイミングを知っておくことは、資金計画を立てる上で非常に重要です。

通常、契約時に初期費用(手付金・前金)が発生し、工事完了時に残額を支払うケースが一般的です。

新築の家の建築と外構工事をハウスメーカーに一括する場合は、手付金で数百万円をハウスメーカーに支払い、建築工事が完了した後に残額の数千万円を支払うのが一般的でしょう。

残額支払いには、住宅ローンを利用し、金融機関から振り込まれたお金をハウスメーカーに支払います。

新築の建築と外構工事を分離発注する場合、外構工事費用だけを専門業者に支払います。

この場合も分割で支払うのが一般的で、分割の割合は業者によって異なりますが、手付金と工事完了後で、半々の業者が多いようですね。

まとめ

新築外構工事の費用は、計画の規模や選択する素材、デザインの複雑さによって大きく異なります。

平均的な費用から、費用を左右する主な要因、予算内で理想の外構を実現するためのポイントまで、この記事では新築外構工事に関する費用の全体像を解説しました。

また、費用を抑えるための具体的な方法や、補助金やローンの活用方法についても触れています。

これらの情報を基に、計画的に外構工事を進めることで、予算内で理想の外構を実現することが可能です。

【PR】タウンライフリフォーム 新築外構特集

タウンライフリフォームを利用すれば、複数の外構業者から見積りやデザインプランを一度に入手できます。

  1. 厳選された業者
    独自の審査基準を満たし、厳しい審査を通過した信頼できる優良業者600社のみを登録しています。お客様から評判の悪い業者は登録解除されています。
  2. 費用の削減
    一括見積りにより、外構の費用を抑えることが可能です。また、ハウスメーカーを介さず直接外構業者から見積りをもらうことにより、無駄な出費を避けることができます。
  3. デザインの比較
    複数の提案を比較することで、価格だけでなくデザインも見比べることができます。
  4. 手軽さ
    外構業者を一つ一つ探す必要がなく、オンラインで複数の業者を比較できるため、時間の節約にもつながります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次